Doorkeeper

「スクラム初心者お悩み相談」 #agileteamjp

2019-12-16(月)19:30 - 21:00

freee株式会社

東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F

申し込む
参加費無料
あと5人参加できます。

詳細

このイベントは?

アジャイル開発を始めたばかりの人たちが日々の開発で悩んでいることを持ち寄り、相談員と一緒に対話しながら解決するイベントです。

ぜひ、スクラムをやってみて抱えている悩みごとや疑問点を解消しましょう!

(例)

  • 様々なスクラムイベントをどのように進めたいいのかわからない
  • チームにPMやディレクターがいるのですが、これって正しいスクラムですか?
  • いつリリースできるか見えない
  • ストーリーの優先度のつけ方がわからない
  • ストーリーの粒度はどのくらいにしたらいいの?
  • 各ロールの役割の棲み分けがわからない

上記以外の疑問点や悩み事でももちろんかまいません!

参加者へのお願い

  • 本相談室はアジャイル開発の初心者に向けたもののため、アジャイル開発の経験が豊富な方の参加はご遠慮いただいております
  • 入館について : 五反田ファーストビルのセブンイレブン横の通用口を通り、エレベーターより9階へお越しください。(夜間のため正面玄関は閉鎖しております)
  • 会場は 9F 会議室「コシアカ」 となります。会場の都合上、受付時間内(19:20-19:30)にお越し下さい。

今回の相談員

飯田 意己

iida.jpg
株式会社クラウドワークスでエンジニア、スクラムマスター、プロダクトオーナーを経て現在はマネジメントの仕事をしています。現場のチームビルディングから部署を超えた会社全体の改善など、アジャイルな組織づくりを推進しています。

松元 健

matsumoto
エンジニアとして、より創発的な開発のあり方を探求するうちにアジャイルに出会い、以降様々なレベルでの実践者となりました。適応的な人材や組織作りのために、スクラムの実践や適応に関する組織展開や、支援チームのリードなども行っていました。現在はフリーのスクラムマスターとして、多様な形態で個人やチーム、組織や経営まで幅広く実践や適応の支援をしています。
書籍「Scrum Boot Camp The Book」レビュアー、「ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント」翻訳レビュアー

西村 直人

naoto.jpg
スクラム道主宰(#scrumdo)、アジャイルサムライ監訳者(#agilesamurai)、『Scrum Boot Camp The Book』 著者(#scrumbcbook)
2005年よりアジャイル開発手法を実践してきたのち、現在はお客様の組織や現場をアジャイルにすることを生業としている。 またアジャイルに関するコミュニティを主宰したり、イベントや執筆・講演活動なども行なう。仕事やこうした活動を通じて、 アジャイル開発で成果がでる現場が増えることが想いである。

山口 鉄平

yamaguchi
組込みシステムのソフトウェア開発をおこなっていたときに、アジャイル開発を知り、それ以降自身の開発および開発改善の業務においてアジャイル開発を利用するようになりました。現在は、WEBシステム開発におけるアジャイル開発やテスト自動化などの開発改善、組織改善を仕事にしています。また、それらと並行して、ソフトウェア開発に関係する様々なイベントの企画、運営や発表など社外活動もおこなっています。共訳として、「Fearless Change アジャイルに効く アイデアを組織に広めるための48のパターン」(丸善出版)があります。

及部 敬雄

king_small.jpg
アジャイル開発に出会ったことをきっかけに、エンジニアとして・つくり手としての幅が広がり、いろんな壁を超えて活動を続けてきました。最近はスタートアップチームのマネジメントに携わるようになり、プロセスマネジメント・プロダクトマネジメント・チームビルディング・エンジニアリングすべての壁を越えた改善活動を仕事にしています。モブプログラミングおじさんです。「IT業界に金の雨を降らせる」ことを目標に、どんな壁もぶち壊すつもりで日々精進を続けています。

相談員は決定次第、随時追加します。

アジェンダ

時間 内容
19:20-19:30 受付
19:30-19:40 オープニング
19:40-21:00 相談会

Twitter

#agileteamjp

コミュニティについて

アジャイルチームを支える会

アジャイルチームを支える会

日本国内におけるソフトウェア開発、特にアジャイル開発に関する活動の振興や人材の育成を目的とした団体です。「もっと国内によいアジャイルチームを増やしたい」という想いを持っています。 http://www.agileteam.jp/

メンバーになる